「familiar」25の誕生の日に

7日の夕刊に。。。そして次の舞台。

とっても久しぶりにパソコンを開けると
応援サイトさんのリニューアルと
おどろんぱ再放送のこと等いろいろ記事が載ってましたが

今、うちでとっている読売新聞の夕刊に
「familar」の記事が載ってました。
自分が観に行った舞台が載ってるのはうれしいです。
写真も載ってました\(^o^)/
もちろん、今まで観た劇のチラシ映画のチラシとともに
この新聞の記事も当然保存です(*^-^*)
そんな記事を目にしてから
そんな夕刊に載っているエンタメ情報的なものを中心に
楽しく新聞を読ませてもらってます。

今までテレビ欄しか観てなかったのに、
ほかのページを読むなんて
きっかけって、こんなものですよね。

話は変わりますが、
もう皆さんはシアタークリエコレクションⅡに
気持ちはいる方も多いと思いますが、どうでしよう。
いろいろな劇のいいとこどりのショーになるのかな。
ガラコンサートっていう感じなのかな。
楽しみですよね。
いろいろな劇を観た人も
初めて劇に触れる人も
そんないいとこどりの「ガラコンサート」みたいなものは
楽しめるものです。
さあ今回は観に行けるかなあ((+_+))。

東京から長野、松本へ。。。

「familia」東京公演、千秋楽
おめでとうございます。\(^o^)/
千秋楽を迎えた12/6(火)は
東京は冷たい雨が降っていましたが、
私は行ってませんよ(苦笑)

英語で「ダンス」と
踊りのことをいうけど。。。
日本語ではやはり一般的には
踊りを表すのに「踊」という字が使われますが、
「日本舞踊」や「舞踏会」など
「舞」という字もダンスを表す言葉として使われます。
今回、二幕の青年のダンスのシーンは
私としては「舞」という言葉を使いたいような、
ダンスです。

個人的にはこのダンスシーンが好きです。

そんな、「舞」に対して
軍服姿のかちっとしたダンスあり、
酒場の笑いを誘うようなシーンありと
メリハリのある作品です。

残すは12/20(土)の
松本公演を残すのみ、
御嶽山の噴火、白馬の地震、
そして、ここのところの大雪があって心配ですが
(長野でも松本は南の方なのかな。。ならば雪は関係ないかな)

東京から応援してます。

いつものことですが。。。

いつものことですがですが。。。
パンフレットは売っていれば必ず買います。
メイキング映像。。。ではないですが
メイキング写真。

スタッフ、キャストさんのこの作品に対する想い。
そうそんなのを読んであそこの部分は
作り手さんのここの想いからきてるんだなあっ。。。とか。

スタッフ、キャストさんの紹介文
だからこの人はダンスが上手なんだ、
歌がだから上手なんだ、
いつも以上にいろいろな分野からきてるカンパニーだな。。。とか
読んでいて楽しいです。
(あまり書くとネタバレになるので(苦笑))

歌詞が載っているのもうれしいです。
私はこの詩のここがいいなあって。
思い起こせます。

表紙は写真を加工したものが多いのですが、
今回は作品を象徴した「絵」です。
写真もいいけど
ちょっと温かみを感じます。

東京公演、千秋楽16日まで一週間切りましたが、
頑張りすぎず(笑)
頑張ってくださいね。
応援してます(*^-^*)

12/5(金)東京公演初日を迎え。。。私の(*^-^*)

「familia」4月25日誕生の日に
東京公演初日無事迎えられたみたいで
おめでとうございます。\(^o^)/

そして、私の。。。感激の観劇の日も
なんとか迎えられることができました。
ありがとうございました。m(__)m

宝塚退団間もない主役の大空祐飛さん
脇をベテラン男優さんに支えられてるとはいうものの、
今まで観た中で女性ひとりで主役をしたのは
「ディードリッヒ・生きた・愛した・永遠に」で主役をされた
和央ようかさんくらいだったと思います。

なので、応援シテマス。

いつもながら、青山さんは「七変化」までもいかないけど
いろいろな役を演じてます(*^-^*)
兵士だったり、民衆の青年だったり、酒場の飲み友達だったり、
楽しませてもらいました。

「怒」。。。民衆の怒り
「改」。。。何かダメだって政府も民衆も気づいているいて変えたいという気持ち。
「優」。。。怒りもあるけど、そんな中だから生まれる優しさ。
「絆」。。。家族が題材になってますが、家族はもちろん何かつながりたいという心の飢え。

みたいなものを感じました。
素敵な作品に仕上がってます。

まだ、東京公演千秋楽までは一週間以上ありますが
このくらいの書き込みだったら大丈夫かな。

千秋楽まで怪我のないよう
スタッフ・キャストのみなさん頑張ってくださいね。
応援してます。

(2014,12,7観劇)



TOHOシネマで。。。初日舞台挨拶。。。

いつもイオンシネマの話ばかりになりますが、
ジャニーズの「嵐」のファンの娘が
TOHOシネマで行われた
「嵐」の相葉さんが出演している
「デビくろくん」の初日舞台挨拶上映とその映画上映に当たって
観に行きました。

私も「スーザンを探して」の初日に観劇に行った時に
監督さん主演の真琴つばささんから
挨拶があったときうれしかったので
上映ながらも舞台挨拶が観ることができた娘はうれしそうにしてました。

今はイオンシネマが家から近いので
どうしてもそちらに行きますが
娘の映画観劇デビューはTOHOシネマです。
一緒に「マダガスカル」を観たのが最初です。
その話をしたらあまりに前の話なので覚えてなかったみたいです。(涙)
家族四人でみた「ドラえもん」もTOHOシネマです。
四人一緒に映画を観たのはそれが最初で最後です。

家族って、そんなもんです(苦笑)

私はその日観劇ではないですが、
「familia」でもイベントを予定しているみたいです(*^-^*)
ギャラリー