フォッシーの「パジャマ・ゲーム」

行って来ました「パジャマゲーム」その2

オープニングアンサンブルの女の子たちの群舞が
そろっていていいです、素敵です。

その後パジャマ工場でのミシンを使ったダンスは
「雨に唄えば」のダニーケイのダンスを思わす振付が
なんか懐かしいさを感じるしいいです。

チラシにも書いてあった
テープに自分の声を吹き込んで歌うシーンは
ちょっと物悲しくでもそんなテープとの掛け合いの演出が
印象に残ります(*^-^*)

そして社員総出のピクニックシーンは楽しい。
ウィリアム・テルではないけれど
りんごを矢。。。ではなく剣で落とす。
何やってるのかな。。。ってシーンですがおもしろい。
私はこのシーンのダンスシーンは映画グリースのパーティー会場でのシーンと
重なります。

そして2幕冒頭青山さんと恐らく神谷さん(;'∀')
主役の北翔さんの3人でのダンスシーンは
Chicagoを思い出させるようなダンスシーン(*^-^*)
かっこいいです\(^o^)/

そして酒場でのシーン
タンゴ調で曲の終盤サンバ調?。。。なナンバー(曲)
楽しいダンスシーンです
そしてきっと誰もが聞き覚えあるナンバー(曲)だと思うけど。。。
(少なくとも私は聞き覚えがある(;'∀'))
そんな聞き覚えのあるナンバーが入っているこの作品に
そんなことで。。。と思われるけど親しみを感じます(*^-^*)

カーテンコールの冒頭
アンサンブルの女子、男子が得意な舞?で
一人ずつ登場。
楽しい登場です。

そして、最後に
主役の新納さんと北翔さんの挨拶があったのは
初日でも千秋楽でもないのに私としてはサプライズです(*^-^*)

帰り遅い昼ご飯?それともおやつ。。。になってしまいましたが
喫茶店へ
途中休憩時間に買ったパンフレットを見ながら
あーやっぱりそうだよねとか
自分で観たことを確認。。。しつつ
余韻にひたりつつ、ゆったりとした時間が持てたのもうれしかったです(*^-^*)

そして昨年四月に観劇した「グランドホテル」を演出した
演出家トム・サザーランドさんが今回も演出をしてくださいました。

心地よいスピード感と力強さ。。。

同じ方が演出したんだなあって
同じにおいを感じました。(言いたいことわかって!!!!!)

変にネタバレになっていないかな。。。まだ公演中だからね(苦笑)
という感じで楽しい観劇でした。
(2017.10.1観劇)




行って来ました、パジャマゲーム その1

うちの近くのそれに観劇に行った最寄り駅千駄ヶ谷駅近くの
いちょう並木はまだ色づくほど秋は深まってないですが
肌寒さを感じられる日が増えてきました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

行って来ました「パジャマゲーム」
フォッシーの。。。というので以前観た「Chicago」「ダンシン」のような
作品なのかな。。。と思いきや
アラフィフの私がちょっと懐かしいなあと思うような作品に
仕上がってました。

せっかく席を取ったのに行かれない。。。
を避けるために初回のチケット購入の案内で申し込まないせいか
今回も二階の後方席(( ;∀;))
いつだったかあわてて観劇に向かって
そんな二階席なのにオペラグラスを忘れたことがあったけど
今回はバッチリ持って行きました\(^o^)/

千駄ヶ谷の駅についたのは開演30分前
徒歩10分と書かれていたけど
初めてのところなので迷ったら開演に間に合わないなあ。。。と
ドキドキ、キョロキョロしながら向かうと
案の定、ついたのは開演5分前のギリギリ(;'∀')
いつも買うパンフレットを買う間もなく席へ(;'∀')

最近の舞台らしく幕は下りておらず
セットが見えたままの舞台。
いよいよ始まります。

と。。。肝心の舞台のレポ(と言えるほどのものではないけど)
来週書けたらなあと(*^-^*)

東京公演はまだ10日ほど残ってます(*^-^*)
ぜひ足を運んでくださいと言える作品です(*^-^*)





東京公演今日初日です\(^o^)/

東京・大阪と両都市で開演を迎える
「パジャマ・ゲーム」
私の感激の観劇の日はまだ先だけど
東京公演今日初日です\(^o^)/

今月の初旬にチケット無事送られてきしたよ\(^o^)/
とっても凝ったチラシが一緒に入っていて何回も読み返しています。

子供たちが新学期を迎え
ほんとうに((+_+))慌ただしい日々を送っています。
もっとチケット到着も早く書きたかったけど。。。そんな感じです。

久しぶりにパソコンを開けると
青山航士さん出演の次回作「ブロードウェイと銃弾」の告知が\(^o^)/
この公演は東京・大阪・博多と三都市で開演予定の公演みたいです。

自身のブログも更新されていてバッチリ読みました(*^-^*)

普段の慌ただしさを映し出すような書き込みで
自分で書きながら不満ながら
読んだよ(*^-^*)着いたよ(*^-^*)行けますように(*^-^*)

それと初日おめでとうございますの書き込みです。

チケット申し込みました\(^o^)/

「パジャマゲーム」チケット申し込みました。。。
申し込んだけど無事希望のチケット取れるでしようか。
そして無事行くことができるでしようか(苦笑)

今度の劇場は日本青年館ホール。
新しく建て直したばかりのホールです。
舞台はもちろんのこと
どのくらい収容できる客席があるか。。とか
ロビーはどんなか。。。とか
そんなのを見るのも楽しみにしてます(*^-^*)

ロビーと言えば
この間新宿のバルト9という映画館に行って来ました。
。。。と言っても映画を観たのでなく
娘が夜6時からの上映しかない映画を観たいというので
場所も新宿歌舞伎町からは離れているとは言っても
やっぱり心配。
「ママが一緒じゃなくても大丈夫」っていうけど心配なので
付き添いで行きました。
娘が観ている間、ロビーをキョロキョロみたり
そこには近日上映の息子が好きなトランスフォーマーの模型があったり
他の上映で使われている衣装が飾られていたり
エスカレーターの横の窓ガラスに素敵な夜景が広がるのを
無駄に何回も上ったり下りたりしてみたり
楽しんでました。
帰りも年頃の娘と一緒なので急いで帰りました。
楽しかったです(*^-^*)

って自分の観劇はどうなるでしょうか。

次回作「パジャマ・ゲーム」

秋の公演になる青山さんの次回出演作
「パジャマ・ゲーム」
フォッシーの「パジャマ・ゲーム」とカテゴリーには書きましたが
この作品を「ウエスト・サイド・ストーリー」手掛けていて有名な
ジェームス・ロビンソンも手掛けたことのある作品。
お二人ともダンスの演出は得意としていると私は思うので
楽しみです。。。が

今回の申し込みは子供たちの予定がわからないので
逃しました( ;∀;)

そんな作品を昨年4月に「グランド・ホテル」で
軽快な演出を見せてくださった
トム・サザーランドさんが手掛けるそうです。

またまた行くことができるかどうかわからないけど
楽しみです。
ギャラリー