6月の休日に上野に行って来ました。
上野動物園のパンダの赤ちゃんを観に娘と一緒に。
並ぶこと一時間半。
大木の上にちょこんと。。。寝ていてかわいいっ。

ゴリラのブースでも赤ちゃんがいて
お客さん来たよって感じではしゃいでいてかわいいっ。

やっぱり赤ちゃんとか子供ってかわいいよね。
つくづくそう感じましたっ。

ちょっと足を延ばしてアメ横も寄ってきました。
テレビで。。。特に年末よく放映されるところです。
海産物の卸問屋が有名ですが、
他にも靴とかかばん、化粧品もお手頃価格で売っているところは
私が若い頃行った時と変わってないです。
エスニックな料理を提供してくれるお店が
昔はこんなになかったなあって感じのです。

その後上野の東宝シネマにも寄りました。
自分たちがよく行く東宝シネマよりちょっとロビーが広いかな。
映画も観てきたかったです。

上野と言えばこの記事の題名にも書いた
「東京文化会館」
上野の公演口のほんと駅前にあります。
私が幼い頃からある五階席からなる劇場。
バレエの特にロシアからのバレエ団が来日して公演してました。
今年もキエフバレエ団
いろいろなバレエ団のトップが集って行われる
世界バレエフェスティバルもここで公演がなされています。
世界バレエフェスティバルはびっくりすような席料だけどねぇ。
先月末にこの世界バレエフェスティバルのことと、
バルナ国際バレエコンクールで四人も入賞したことが夕刊に載ってました。
いずれも掲載もうれしかったです。

この「東京文化会館」で私が観劇したのは
今年二十歳になる息子がおなかにいる今頃だったかな。
観たのはもちろんバレエです。
それ以来ここに縁がなくて観に来てないです。

今回も動物園に行くのに横を通り過ぎただけです(笑)

世界バレエフェスティバルのように
いろいろなバレエ団が集って行われる
2018年バレエの饗宴はいつもEテレで放映されるけど
今年はないのかな。。。それとも私が見逃したかな(とほほほ)

世界バレエフェスティバルはともかく(仕方ないけど価格が)
キエフバレエはお手頃な価格の公演もあって行きたかったです。

行きたいところはたくさんあれどなかなか行かれないです(>_<)